BUY TICKET

ARTIST

忌野清志郎 Little Screaming Revue
【TOUR 1998 TRAVELIN’ CAFÉ】
(1998/12/26公演)

PROFILE

忌野清志郎(1951年-2009年) バンドマン。

1968年高校在学中にRCサクセション結成。1970年「宝くじは買わない」でデビュー。「雨あがりの夜空に」「スローバラード」「い・け・な・いルージュマジック」など多種多様なヒット曲を放つ。

恒例の武道館、日比谷野音等 LIVE パフォーマンスでも数々の伝説を作った。

91年の RC活動休止後も、ソロ活動の他、映画・ドラマ出演や絵本の執筆、サイクリストなど活動は多岐に渡る。

2008年2月『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』では、当時の日本武道館最多動員数を記録。

2020年、デビュー50周年を迎えた。

2020.12.27

(SUN)

13:00-(24hours)

TICKETS NOW ON SALE!

¥3,900(tax in)

販売期間
Stagecrowd
12月19日(土)0:00~12月28日(月)0:00
イープラス
12月19日(土)0:00~12月24日(木)18:00

REPORT

    1990年代初頭にRCサクセションが無期限活動休止に入ると、忌野清志郎はソロ活動と並行し てHIS、忌野清志郎&2・3’Sなど、さまざまなプロジェクトを展開していった。

    大所帯バンドでライブを行う「Screaming Revue」を経て、90年代後半は三宅伸治(Gt)、藤井裕 (Ba)、富岡義広(Dr)と共に4ピースバンドの忌野清志郎 Little Screaming Revueを結成 し、作品制作やライブツアーに取り組む。

    今回の映像は、『TOUR 1998 TRAVELIN’ CAFE』ファイナル公演の模様で、2019年にBlu- ray/DVD化された。

    当時の新曲群はもちろん、忌野清志郎のキャリアを彩ってきた名曲たちも披露。

    ソリッドなバンドサウンドの中、三宅伸治のブルージーなギタープレイはときに鋭く、 ときに哀愁の陶酔感を漂わせ、雄弁に鳴り響いている。

    また、観る者を惹きつけてやまない忌野清志郎が、ソウルフルな歌唱のみならず、ギターにハモンドオルガンにと大活躍するさまに も注目してほしい。

    文=小池宏和

エンタメ特化型情報メディア スパイス

SPICE(スパイス)は、国内初、エンタメ特化型情報メディア。
音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、アート、スポーツ、映画などの
ニュースやレポート、インタビューやコラム、動画など最新エンタメのHOTなコンテンツをお届けします。